江戸クリエート

江戸クリエート

GUIDANCE

印刷データ作成のためのガイド

ここでは、お客さまご自身で印刷データ作成をされる際の注意点についてまとめています。
以下の注意事項をご確認の上、ご入稿ください。

印刷データ作成のためのガイド

お引受け可能なデータ形式

  • Adobe Illustratorデータ・CS6以降〜CC最新バージョン フォントアウトライン済みのAIデータ
  • Adobe Photoshopデータ・CS6以降〜CC最新バージョン 画像統合済みのPSDデータ
  • AdobePDFデータ(フォント埋め込み済みのPDF/X-1aまたはPDF/X-4データ)

※CS5以前のバージョンもお引受け可能ですが、透明処理の不具合等の可能性がありますのでご注意ください。
※AdobeDTPアプリ以外で制作されたデータは、実際のデータを拝見させて頂いてからお引受けが可能かどうかご連絡いたします。

カラーモード

CMYKまたはグレースケールでご入稿ください。
PANTONEやDIC、蛍光色・金色などの特色指定や、RGBモードの場合、画像抜けが生じたり色味が変わってしまう可能性があります。
可能な限りCMYKに変換しての入稿をお勧めいたします。

フォント

データ内で使用しているフォントは

  • Adobe Illustrator=アウトライン化
  • Adobe Photoshop=画像統合
  • PDF=フォント埋め込み

の処理をされた上でご入稿ください。
(弊社で使用されているフォントを所持していなくてもデータを扱える状態でのデータ作成をお願いいたします)

画像データ

データ内で使用している画像データは、全て埋込み処理を行った上でご入稿ください。
埋込み処理が難しい場合は、データ内で使用している画像ファイルを全て添付して入稿してください(その際の画像の階層も保持した状態で入稿してください)。
なお、画像データの解像度は実寸300dpi以上でお願いいたします。
※画像サイズが大きすぎても印刷時の処理に時間がかかってしまいますので、解像度の上限は実寸600dpi程度でお願いいたします。


印刷データをご入稿頂く場合は、完全データ(弊社で手直しせず印刷出来る状態のデータ)での入稿をお願いいたします。
ご入稿いただいた全てのデータは、印刷データとして問題無いかのデータチェックを行います。
データに不備があった際は、こちらよりデータの差戻しをさせて頂きます。データの差戻しにより予定納期が変更になる事がございますので十分ご注意ください。

なお、お客様が制作・入稿されたデータを弊社で手を加え、完全データに仕上げる事も可能です(別途料金が発生いたしますのでご相談ください)。

TOP

お問合せ お問合せ

電話をかける電話をかける