江戸クリエート

江戸クリエート

GLOSSARY

印刷用語集

A判

A判は用紙の規格の1つで、国際標準規格ISOで定められたA列という寸法に則った用紙をいいます。
A判はサイズの大→小さい順で0〜10まであり、オフィスのプリンター等で利用されているA4判もこの規格のサイズ。
いわゆる世に出回っている用紙サイズの中では一番ポピュラーで、よく目にするサイズがA4判ではないでしょうか。

なお、A判で使用しているA列寸法は縦・横サイズの比率が1:√2となっています。
長辺を半分に分割したものが縦横の比率を保ったまま1つ下のサイズになるので、1:√2は白銀比とも呼ばれています。

TOP

お問合せ お問合せ

電話をかける電話をかける