江戸クリエート

江戸クリエート

GLOSSARY

印刷用語集

本など印刷物の下側のこと。上側のことは天という。

チラシやはがきなど、1枚モノ表裏の合わせの向きを確認する時に、表の上と裏の上を合わせる時は「天天合わせ」表の上と裏の下を合わせる時は、「天地合わせ」と指示を出します。
特にはがきなどは絵柄面は横向き、宛名面は縦向きのことがあるので、どちら向きに合わせるか意思疎通を怠ると大変なことに。横向きの時は向かって左側は「左天」右側は「右天」と呼ばれます。

地側を基準で指示出しすることがほぼないので「地地合わせ」とか「左地合わせ」みたいな表現は地推しの方には残念ですが、あまり耳にしません。

TOP

お問合せ お問合せ

電話をかける電話をかける