江戸クリエート

江戸クリエート

GLOSSARY

印刷用語集

見開き

見開き
書籍や雑誌を開いたとき、左右2ページが向かい合った状態で写真や絵、図版などが収まっているものを「見開き」と言います。
写真や画像をインパクトのあるレイアウトで見せることができ、書籍の喉の部分に配置された文字や図版が隠れて見えにくくなることがないため、自由度の高い魅力的なデザインのページ構成を作ることが可能となっています。
「中開き」「見通し」という言い方をすることもあります。

見開き製本に用いられる「糸綴り」「中とじ製本」は、背が割れることがなく見開きに最も適した製本方法で雑誌や写真集、画集などで多く採用されています。

TOP

お問合せ お問合せ

電話をかける電話をかける